佐藤 健一 

TEL.FAX.0197-67-5792  PCメール k-sato23@poem.ocn.ne.jp 


〒024-0051 岩手県北上市相去町下成沢15-5

未分類

除草奮闘中

機械除草奮闘中!! 六月は除草月間です。

現在2回目の除草中。

機械の右側が除草済、機械の前が除草前です、結構ひどいです。

 

2018年産米完売

2018年産米完売しました。いままでお買い求めいただいたお客様ありがとうございました。またこれから購入しようとしていたお客様申し訳ありません。次は2019年産米、10月下旬の発送となりますので宜しくお願いいたします。

チェーン除草

一回目のチェーン除草をやった。塩ビパイプにチェーンを付けて田んぼの中を引いて歩き小さい雑草を引き抜いて浮かせて除草する。

上の写真ではあまりよく見えないが草が抜けて浮いている。チェーン除草はこの一回のみで次は機械除草の予定、機械は3回、合計の除草は4回の予定。頑張ろう。

不耕起田植え

不耕起の田植えスタートと言いたいところだが、不耕起専用の田植え機が廃車になったため中古の田植え機を購入しました。そのため代掻きのドライブハローで表面を耕し田植えをすることになったため今年からは半不耕起となります。ただしそれ以外は今まで通りの農法です。表面を耕すことによってイトミミズなどの微生物が減り収量が落ちないか懸念されるところですがやってみないと分かりません。

苗は4から5葉約20センチです。

不耕起の種まきスタート

3月30日に不耕起の種まきをスタートしました。

例年通りたくさんの人、子供たちが手伝いに来てくれてわいわい楽しく午前で種まきを終わらせました。

午後は長男の引越しの手伝いがあり盛岡まで行ったのですが季節外れの雪が降ってきて大変でした。ビニールハウスは雪でところどころ破けて散々でした。

味噌の販売始めました

今年から味噌を販売することにしました。売れ行き次第では来年中止するかもしれませんが・・・・。

米はもちろん無農薬ひとめぼれ健燦米、大豆は南部しろめ自家栽培、無農薬無肥料手作業で刈り取り脱穀、製造は販売許可のある(たかすどう産土農産加工)に材料を持ち込み一緒に作業をして仕込みました。仕込みから約一年(夏に一旦天地返し)販売開始します。値段は800g1000円(税込み)と他と比較して高いですが自信をもってお勧めします。

 

2019年 今年も始まりました

今年もスタートです。

種もみの脱芒、塩水選、浸種、浸種は最初に13℃設定で24Hその後は冷水で20日ほど、その間3日位で水交換です。

脱芒は左の状態が右のようになるはずですがそううまくはいきません。

塩水選は1.15の比重になるように塩を入れます。

浮いた籾を取り除きます。

催芽器を13℃に設定して24H浸種してその後は冷水で浸種です。

 

 

食味検査結果

今年の食味検査の結果が出ました。

ひとめぼれ:スコア83

ササニシキ:スコア84

いのちの壱:スコア83

昨年ひとめぼれが80だったのでスコアが上がった結果ですが、もしかして雑草が増えてタンパクの値が下がったため結果よくなったのかもしれません・・・がお客さんがおいしいと言ってくれるので良しとします。今後はスコアを保ちながら収量アップできればと思っています。

 

ようやく不耕起の稲刈り

ようやく不耕起の稲刈り開始です。

雨降りや、台風の影響でなかなか刈れないでいたのですが

ようやくスタートです。でもまた週末に台風が来るようですが・・・。

水草カッター

ホームセンターをまわっていたら水草カッターというものを見つけたので買って使ってみた。草刈り機の先端に付けて使うもので取り付けは簡単。

除草は3連の機械式除草機で2回やったが株間を中心にまた生えてきた。このカッターは行間だけでなく株間もできるのでかなりいいと思う。ただし処理時間はかかるようだ。稲もあまり傷つけなくクログワイもカットできる。使い方はあまり回転数を上げずに(回転を上げると潜っていく)水面の下を滑らせるように回転させながらやるとうまくいくようだ。

あまりよく見えないが上がビフォーアフターです。