佐藤 健一 

TEL.FAX.0197-67-5792  PCメール k-sato23@poem.ocn.ne.jp 


〒024-0051 岩手県北上市相去町下成沢15-5

未分類

異常気象?

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

本日は1月3日です。今日の田んぼですが雪が全然ありません。朝にもかかわらず氷もほとんど張っていません。通常であれば30から40センチは雪が積もっていてもおかしくないのですが?こんな年は記憶にありません。異常気象ということでしょうか。

image

県産オリジナル品種を食べてきた。

盛岡の銀河食堂で平成28年産銀河のしずくと来秋デビューする金色の風(こんじきのかぜ)を食べてきた。日替わり定食で鯖味噌だった。ごはんが一杯目は金色の風(試験栽培なのでここでしか食べられない)そしておかわりが銀河のしずくだ。特に金色の風は県最高級オリジナル品種として来秋デビュー予定だ。金色の風は私としてはどちらかというと味も香りもさっぱりめで好みの味だった。(料理長は程よい粘りと甘みと言っている)銀河のしずくはもっちりとしてやわらかい香りと味だった。二つで金銀、はたして岩手県を代表する品種となるか?

image1

ようやく稲刈り終了

ようやく稲刈りが終了しました。

image

今年も例外にもれず田んぼがぬかり、コンバインがはまりバックホーを持っている近くの農家に頼んで上げてもらいました。

image2

とうとう1反全面手刈りとなり一家4人で一日以上かかり体力も限界を迎えました。

image1

このまま毎年田んぼがぬかるようではいつまでたっても一部反不耕起となってしまいます。この田んぼの東側に続く沢沿いの農家は、中干後水を入れないそうです。稲にはよくないと思いますが私も見習わなければこの状態から脱出できないと思います。

クログワイがヤバイ

4年目の田んぼのクログワイが大変なことになっている。クログワイは遠目で見ると稲の色と一緒でわからないが、エンザー散布の時に見たらびっしりと生えていた。これではまずいと思い田んぼに入って草取りしたが、あまりにも多くて一日で10aの半分もいかない。梅雨も明けて気温が上がり体力も限界・・・・参ったな。クログワイは地下茎だそうなのでいくら取っても毎年同じだと思う。ただし2年目の田んぼは相変わらず草の出ない田んぼがある。非常に助かってます。

image5

この状態が反対側の畦にも同様にあり。なにか手取り以外にいい方法はないものかな。

田植え終了

5月21日田植えスタートしました。ですが昨年と同じく一番深い田んぼで田植え機が斜入れを出れなくなり大苦戦、1.5Hくらいロスをしてしまった。1町歩を一日で終わることができませんでした。5月22日までかかりましたが午前の早い時間に終われました。

田植え前の苗

image2

image

田植え前の田んぼ

image1

田植え中

image3

田植え後

image4

今年は初めての、いのちの壱を一反歩作付してみました。苗の伸びがひとめぼれと違い約50日の育苗期間でひとめぼれが約4.5葉で17センチくらいでしたが、同じく約4.5葉でいのちの壱が20センチオーバーになりました。話によると稲丈が長く倒伏しやすいということで心配です。ですが種もみを見た限りではひとめぼれも大きいと思っていましたが、比較にならないくらい大きく期待しています。

 

31日目の苗

播種から31日目の苗、屋根をとってからやや伸びが遅くなったような気がする。約3から3.5葉、しかしやや葉色が落ちてきたような感じだ。

ひとめぼれ

image1

いのちの壱

image3

image

ビニールハウス屋根はがし

播種から25日、苗が約3葉になったのでビニールハウスの屋根をはがして徒長を抑えるようにした。ひとめぼれの伸びはだいたい例年どおりだが、いのちの壱は伸びすぎて、ひとめぼれ10㎝に対していのちの壱はすでに15㎝を超えている。まずい状態だ。田植えの時期に先端を切らなければならないかもしれない。

image

左が慣行栽培ひとめぼれ、右の短いのが不耕起ひとめぼれ、長いほうがいのちの壱。

image1

苗だし

種まきから4日目、4月6日に苗だしをした。不耕起用260枚。天気が良すぎてハウスフルオープンでも中の温度が26℃くらいになる。土の温度は30℃を超える。

image1

image2

image3

種まき終了

4月2日に不耕起の種まきを260枚終了しました。朝7:40頃から家族総出でやっていたが、不耕起に興味のある近所の雪江さんと増永さんが手伝いに来てくれました。おかげさまでにぎやかで、普段より順調に進みましたが、種もみの水分が若干多く、うまく播けなかったので途中1時間ほど広げて干し、何とか終わらせることができました。床土3.0㎏、種もみ80g、上土1.0㎏、しかし毎年播種機の調整には悩まされます。種まき後は育苗機にいれ22℃設定で4日くらいかかる予定です。

image2

image4

image8